【ブログを始めるメリット10選】『前編』

SNS

こんにちは、ちょこすけです。

前回の記事では、ブログを始めることで得られるメリット10個を箇条書きで紹介しました。

今回の記事では、その10個のメリット全てを紹介しようと思っていました…が、

1つの記事で10個書こうとしたところ、膨大な文章量になってしまったので、前編、中編、後編と3回に分けて紹介していこうと思います(笑)

 

今回の記事では、ブログを始めるメリット10選の「前編」として、メリットの上から3つの

  • アウトプットする習慣が身につく
  • インプット前提のアウトプットができる
  • 思考の整理ができる

について深掘りしていきます。

 

この記事を読むことで、ブログを始めるメリットを知ってもらえたり、ブログを始めようか迷っている方の参考にもなると嬉しいです。

また、自分がブログを始めた理由がより明確になるよう伝えていければと思います。

それではさっそく見ていきましょう⇓

スポンサーリンク

1.アウトプットする習慣が身に付く

そもそもアウトプットとは?

アウトプットインプットという言葉を耳にしたことがある方は多いかと思います。

そもそもアウトプットやインプットとはなんなのでしょうか?

 

アウトプットとは、脳内に入ってきた情報を処理して、外界に出力することです。

例えば、話す、書く、行動する、といったことがアウトプットに当たります。

ブログを書くこともアウトプットですね。

 

また、インプットとは、情報を脳内に入力することです。

例えば、本を読む、話を聞く、インターネットで情報を得る、といったことがインプットに当たります。

 

アウトプットの効果

自分は、アウトプット大全という本を読んだことがきっかけで、日々の生活の中でアウトプットを重視するようになりました。

そして、ブログを書くというアウトプットも始めようと思ったわけですが、なぜアウトプットを重視すると良いのでしょう?

 

それは、アウトプットをすることは,現実を変え、自己成長することに繋がるからです。

 

インプットをすると、脳内の知識や情報は増えます。

しかし、インプットだけでは脳内の情報量が変化しただけで、現実では何も変化は起きていません。

インプットをして、さらにアウトプットをすることで初めて現実を変えることができます。

例えば、お菓子作りの本を買って最後まで読んでみたけど、結局その後お菓子作りに挑戦することはなかった…

みたいな感じが、インプットで脳内の情報量が変化しただけで、アウトプットができていない状態ですね。←あ、これ過去の自分です(笑)

逆に、お菓子作りの本を読み(インプット)、本から学んだ知識を使ってしてお菓子作りに挑戦してみて(アウトプット)、お菓子を完成させる(現実を変える)といったことが、インプットしたことをアウトプットし、成長するといった感じです。

読書で言えば、本を月に10冊読んで1冊もアウトプットしない人と、本を月に3冊読んで3冊ともアウトプット(感想を書く、人に感想を話す、学んだことを実践)する人とでは、明らかに3冊読んで3冊ともアウトプットする人の方が、知識が定着し成長できます。

 

ちなみに、インプットをしてから2週間の内に3回以上アウトプットをすると、脳の長期記憶として保存されやすくなると言われています。

反対に、アウトプットをしなければ、インプットした情報は時間が経つにつれて忘れていってしまいます…

 

インプットも必要

このように、アウトプットをすることで、脳に知識が定着し、自己成長が実現するわけですが、アウトプットをするためにはインプットも必要になってきます。

インプットをしたらアウトプットをする。アウトプットをしたら、またインプットする。

といった、インプットとアウトプットのサイクルの繰り返しによって自己成長が進んでいきます。(成長の螺旋階段の法則)

それでは、このインプットとアウトプットはそれぞれどのくらいの割合で行えばよいのでしょうか?

 

インプットとアウトプットの黄金比

インプットとアウトプットの黄金比は3:7とされています。

テスト勉強に向けて、教科書を読む時間が3時間であれば、問題を解くことに7時間使うといった時間配分が理想的ということですね。

インプットの2倍近くの時間をアウトプットに使う必要があるということになるので結構な量ですよね…

 

現代人の多くは、インターネットの発展とともに情報量が急増したことによって、インプット過剰、アウトプット不足に陥ってしまっていると言われています。

自分もその中のひとりです(笑)

実際、半年くらい前までの自分は、興味のある本を読んだり、YouTubeを見たりすることで頻繁にインプットをしていましたが、それらの新しい情報に触れただけで満足してしまい、アウトプットをあまりしていませんでした。

その結果、せっかくインプットしたことの多くは、知識として定着しておらず、自己成長に繋がっていませんでした…。

 

これは、完全にアウトプット不足が原因ですね。

せっかく本を読んだのに、それが自己成長に繋がっていないとは、もったいないことです…

 

ブログを書くことで成長できる

そこで、このアウトプット不足を解消し、自己成長に繋げることができるツールの1つがブログです。

ブログを書くということは、インプットした知識やそこから考えたことを、文章としてアウトプットすることなので、アウトプットにより知識が定着します。

そして、ブログの更新を続けるということは、インプットとアウトプットのサイクルを繰り返すことそのものなので、ブログを更新し続ける=アウトプットを習慣化できる ということになるわけです。

 

ブログを書くというアウトプットを習慣化することができれば、自己成長が実現していくことになります。

 

これがブログを始めるメリット1つ目のアウトプットを習慣化できるです。(あと9個もあるんかい…笑)

アウトプットについては他にも書きたいことがたくさんあるので、アウトプットによって得られるメリット10選的な記事を、また書こうかと(笑)

 

2.アウトプット前提のインプットができる

インプットは”質”が大切

先程も述べたように、アウトプットをするには、インプットも必要です。

このインプットは、“量”より”質”が大切だとされています。

その理由は、インプットとは、脳の中に情報が入って(イン)、その情報が置かれる(プット)ことで初めて成立するものだからです。

いくら大量の情報をインプットしたところで、その情報が記憶として脳内にとどまっていなければ、それをアウトプットすることはできず、自己成長に繋げることもできないというわけですね。

 

現代では、スマホやパソコンを使い、ネットから毎日多くの情報を得ていますが、1週間でそれらの情報吸収率は、わずか3%だと言われています。

つまり多くの人が、たった1週間で触れた情報の97%を忘れてしまっているんですね。恐ろしい現状です…

 

確かに、ここ1週間で見たYouYubeやInstagram、ニュースの内容を思い出してみてください、と言われてもほとんど思い出せませんよね…

このような問題は、主にインプットの質が低いことが原因で起きています。

ということは、インプットの質さえ高めることができれば、触れた情報の多くを記憶に残すことができるというわけですね。

 

アウトプット前提のインプットの効果

インプットの質を高めたり、記憶の定着率を高める方法は数多くありますが、その方法の1つとして、アウトプット前提のインプットをするという方法があります。

 

アウトプット前提のインプットの例としてブログを挙げると、

記事を書くことを目標として(アウトプット前提)⇒ 本や論文を読んで記憶する(インプットする)

といった感じになります。

 

それでは、なぜアウトプット前提のインプットをすると、インプットの質が高まり、情報が記憶に残りやすくなるのでしょう?

 

それは、アウトプット前提のインプットをしようとすると、心理的プレッシャーがかかるからです。

 

人は、心理的プレッシャーがかかると脳が緊張状態になり、脳内でノルアドレナリンという神経伝達物質が分泌されます。

このノルアドレナリンには、

  • 集中力を高める
  • 記憶力を高める
  • 思考力を高める
  • 判断力を高める

などといった効果があり、インプットの質を高めてくれます。

 

皆さんは、「授業終わりに小テストするぞ~」といってくる先生の授業では、なんかいつもより集中力して授業聞けれたなぁ…なんて経験はありませんか?

あれがまさに、アウトプットを前提とされ、脳が緊張している状態です(笑)

 

「教える前提」インプットの効果

また、ロンドン大学の研究でこのようなものがあります⇓

あるものを暗記してもらう実験で、最初のグループには、「これが終わったあとにテストをしますので、暗記してください」といいます。もう一つのグループには、これが終わったあとに他の人に教えてもらいますので、ちゃんと記憶しておいてください」と言います。

同じ時間をかけて暗記してもらい、両方のグループに同じテストをしてもらいました。結果、「教える」ことはしませんでしたが、「教えてもらいます」と伝えたグループのほうが高い得点をとったのです。

(インプット大全 樺沢紫苑 より引用)

この研究から、「テストをする」と「教える」は、どちらもアウトプットになりますが、人に教える前提でインプットをした方が、より大きな心理的プレッシャーがかかり、インプットの質が上がることが分かりますね。

ブログを始めるとなると、読者の方に向けて文章を書く前提で、本などから情報をインプットする機会が増えるかと思います。

これはまさに、読者の方に教える(アウトプット)前提でインプットをしている状況だと言えます。

 

よって、ブログを始めると人に教えるというアウトプットが前提になったインプットをすることができるため、これにより心理的プレッシャーのかかった質の高いインプットが実現するというわけです。

読書が好きで、本の内容をしっかりと記憶に残したいと感じている人なんかにも、おすすめなテクニックですね。

 

情報の取捨選択能力アップ

さらに、アウトプット前提のインプットには、情報の取捨選択能力を高めることができるというメリットもあります。

ブログの場合だと、書きたい記事のテーマをある程度明確にしておけば、本などから情報収集をするときに不要な情報は読み飛ばして、記事作成に必要な情報のみを選択してインプットすることができるといった感じです。

これをすると、効率よく情報収集ができますね。

 

他にもインプットの質を高める方法はたくさんあるので、いつか記事にまとめてみようと思います。

 

さて、メリット2つだけでかなりの文章量になってしまいましたね…(笑)

この2つを特に伝えたかったので、残りのメリットは軽めに紹介していこうと思います。

(残りのメリットの多くは、アウトプットによって得られる効果と関連しているものがほとんどです!)

3.思考の整理ができる

点と点が繋がる

これもアウトプットによる効果の1つですが、ブログを始めるとなると自分の考えや本などから得た知識を用いて文章を書くことになると思います。

このとき、自分の頭に完璧にインプットされている知識だけではなく、ぼんやりとインプットされている知識や考えを用いることもあるかと思います。

ブログを書く際は、このような知識や考えを自分で言語化して書き出すことになるので、この再言語化」するというアウトプットによって、理解が不十分だった部分への理解が深まり、思考が整理されるといった感じです。

「頭の中でなんとなくイメージすることは簡単にできるのに、いざ言語化して説明してみようとすると難しい」と感じることって意外とありませんか?
スポーツや勉強を人に教えたことのある方でしたら、このような経験をよくされたことがあるのではないかと思います。

この「再言語化」は、何かを記憶するときよりも、何かを理解するときにより効果を発揮してくれるそうです。

ブログを書いて再言語化を行うことによって、インプットした情報の点と点が繋がり思考が整理されるということですね。

 

流暢性の罠を防ぐ

また、人には「流暢性の罠」と呼ばれる心理が働いています。

これは、教科書にマーカーを引いたら分かった気になってしまうアレです(笑)

 

人の脳には、1度理解できた(つもりになった)ことに関しては、それを完全に頭に入ったものと考え、それ以上学ばなくても大丈夫だと考えてしまうバイアス(思い込み)がかかっているそうです。

これを流暢性の罠と言います。

この流暢性の罠は、本や記事などを読んだときや、答えを見ながら問題を解いたとき、人の話を聞いたときなんかに働く心理で、難しい概念を分かりやすく説明されるほど起こりやすいらしいです…

「本をスラスラと読んでいたとして、いざ1つ前のページの内容を思い出そうとしてみると、なかなか思い出せない…」ということはよくありませんか? これも流暢性の罠です。(自分の場合、読書をすると悲しくなるほど流暢性の罠を体験できます…)

 

そういう意味で、”ブログで頭の中の情報を書き出す”ということは、自分が理解したつもりになってしまっていたテーマをハッキリとさせ、流暢性の罠から抜け出して記憶を整理できるという点でも役に立ちます。

 

・まとめ

最後に記事の内容のまとめです⇓

  • アウトプットをする習慣が身につくと?

→自己成長につながる。

 

  • アウトプット前提のインプットをすると?

→集中力や記憶力、情報の取捨選択能力が高まる。

 

  • ブログで思考の整理ができるのは?

→ブログを書くことで、理解が不十分な知識や考えをハッキリさせることができるから。

 

以上、ブログを始めるメリット10選『前編』のメリット3つでした。

続きのメリットも「前編」のものと関連しているので、良かったらチェックしてみてください✔︎

最後まで読んでいただきありがとうございました☺︎

 

(続きはこちら↓)

【ブログを始めるメリット10選】『中編』

2019年11月8日

【ブログを始めるメリット10選】『後編』

2019年11月14日

 

参考・引用書籍:

・樺沢紫苑(2018) アウトプット大全 サンクチュアリ出版

・樺沢紫苑(2019) インプット大全 サンクチュアリ出版

・メンタリストDaiGo(2019)超効率勉強法